くりっく株365を取引すると、配当相当額と金利相当額の受け渡しが発生します。この2種類のお金の受け渡しは、トレード損益に直接的に影響します。

そこで、この二つの意味を確認しましょう。

くりっく株365では、配当と金利が発生

くりっく株365を売買すると、2種類のお金の受払が発生します。「日経225証拠金取引」を例にしますと、以下の通りです。

・配当相当額
日経平均株価を構成する銘柄が決算日を迎える月に、配当に相当する額の受払が行われます。CFDを買って持っている側が受け取り、売っている側が支払いです。
・金利相当額
日々の金利のやり取りも行われます。金利の受け取り・支払いは配当相当額とは逆になります。

上のお金のやり取りを表にしますと、以下の通りになります。くりっく株365で買って保有すると、「配当は受取」「金利は支払い」となります。

 買い方売り方
配当相当額受取り支払い
金利相当額支払い受取り

配当と金利の実績

では、実際に受け渡しされた金額はいくらになるでしょうか。1枚(日経平均株価×100円)当たりの金額で確認しましょう。

下の表は、2017年に実際に発生した、配当相当額と金利相当額の表です。配当は、現物株の配当予想額を基準に決定します。3月と9月に決算を迎える企業が多いですから、この月の配当が多くなっていることが分かります。

配当相当額金利相当額
1144円0円
21,168円0円
313,235円0円
40円0円
511円0円
62,612円0円
7141円0円
81,152円0円
913,121円0円
100円0円
110円0円
123,332円0円
合計34,916円0円

また、2017年においては、金利が0円だったことがわかります。くりっく株365で金利を決める基準は、「無担保コール翌日物」です。すなわち、日銀の政策金利です。

日本の政策金利

上は、日本の政策金利の推移です。過去20年近い推移ですが、ほとんどゼロ付近で推移しています。今後の政策金利を確定的に読むことはできませんが、日銀が発する情報を見る限り、近いうちに政策金利が上昇するとは思えないでしょう。

すなわち、金利は今後もしばらく0円(または、それに近い数字)が続くと予想できます。

配当相当額と金利相当額の大きさは、実際の配当や金利の動向に影響されます。このため、必ず配当相当額の方が多くなるとは言えません。しかし、くりっく株365の現状は、配当相当額の方がずっと大きな数字となっています。

すなわち、日経225を買って保有すると、プラスの収入になります。

配当相当額と金利相当額の受渡し時期

次に、配当と金利が受け渡しされる時期を、具体的に確認しましょう。

配当相当額

現物株式の場合、配当金を受け取りたいならば、決算日の3営業日前までに買う必要があります。CFD(日経225証拠金取引)においても同じです。例えば、以下のような日程の場合、3月28日の営業日が終了するときまでにCFDを買って保有する必要があります。

なお、3月28日の営業日が終了する時刻は「3月29日午前5時」です。

date-of-right-allotment-1

金利相当額

金利の場合は、配当と異なります。営業日が変わるたびに金利の受け渡しがあります。

配当相当額の受払時期はいつ?

現物株式の場合、配当をもらう権利が確定してから実際に受け取るまでに、数か月間を要します。しかし、CFDの場合は、権利が確定した次の営業日で受払が行われます。

配当相当額をすぐに受け取れるのが魅力です。

 

→ CFDのトップページに戻る