株式投資情報を盛りだくさんでお届けします。

チャート分析

  • HOME »
  • チャート分析

chart-picture

チャート分析とは

相場が動けば、価格も動きます。今現在の価格だけ見て売買するのも良いですが、利益になるか損になるか分かりません。半ばギャンブルになってしまいます。

そして、売買手数料は取引するたびに支払いますから、トータルで考えると負けてしまいます。

そこで、過去の値動きをグラフ化し、そのグラフに一定のパターンがあるのでは?という研究が始まります。チャートは、過去の値動きをグラフ化したものです。そして、チャート分析とは、チャートを考察して特徴をつかむことです。

相場で儲かれば、豊かになります。損が行き過ぎると、貧乏になります。

そこで、チャート分析して豊かになろうという人が大勢出てきます。こうした先人たちの研究の集大成が、現在のチャート分析に受け継がれています。

インジケーターの効用

チャート分析をする際、終値だけをつなげたグラフを使うと、使い勝手が悪いです。情報は終値だけですから、始値はいくらか、高値や安値はどうなのかが全く分かりません。

そこで開発されたのが、ローソク足チャートです。

下のチャートは、日経平均株価の日足です。終値だけをつなげたチャートよりも、圧倒的に情報量が多いです。ただし、ローソク足だけで分析するのは難しいのも確かでしょう。

そこで、インジケーターが開発されました。インジケーターとは、チャート分析を簡単にするための補助ツールです。インジケーターを参考にしつつチャートを見ることで、今は買うべきか売るべきかの判定を容易にできます。

これでチャートを読む問題は解決!と行きたいところですが、全く解決していません。

と言いますのは、インジケーターを使った売買判断がいつも当たるかと言えば、そうではないからです。また、インジケーターはチャート分析を確実・容易にするためのものですが、インジケーター自体が高度化して、習得に努力が必要な場合が少なくないからです。

そこで、チャート分析でインジケーターを使うべきかどうか考察しました。

【記事】チャート分析でインジケーターを使うべきか

勝率100%のチャートは存在しない

インジケーターを使う場合も使わない場合も、注意点があります。

それは、「特定のチャートパターンが出現したとしても、その後の値動きは100%確実というわけではない」ということです。チャートの教科書に出てきそうな典型的な上昇パターンが出現しても、その後、下落してしまうこともあるでしょう。

そこで、チャート分析を100%信じ切って大きな資金を投入するのではなく、十分に小さな資金で徐々に投資を進める必要があります。それが、投資の世界で長生きするコツかもしれません。

【記事】チャート分析が勝率100%を達成できない理由

チャートに加えて、資金管理も重要

チャートだけで勝つのは難しいとなれば、別の要素が必要になります。その一つが資金管理です。勝率は100%でなくても、適切に資金管理すれば、最終的に資金増加を期待できます。

たとえば、勝率90%でだとしても、一度に全資産を投入するのは適切でないでしょう。その1回のトレードで10%の負けが実現してしまえば、投資資金が消えてしまうかもしれません。

そこで、資金管理が大切になります。勝率との関係から資金管理を考察しています。

【記事】株式投資は資金管理が大切

簡単なチャート分析例

当サイトでは、簡単にできるチャート分析としていくつかご案内しています。勝率は100%ではありませんが、分かりやすいので重宝するでしょう。

 

チャート分析の考え方
チャート分析手法
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

どの証券口座が有利?

 pickup自分にとってベストな証券口座とは?
PAGETOP
Copyright © 株式投資ウィナーズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.