1か月間の取引回数で手数料が決まるシステム

株式売買手数料と言えば、1回の取引ごとに支払うタイプと、1日の取引金額(約定金額)を合計して手数料を支払うタイプが多いでしょう。しかし、岩井コスモ証券は「1か月間の取引回数」を元にして手数料が決まるプランがあります。

下の表をご覧ください。岩井コスモ証券のホームページからの引用です(以下同じ)。

iwai-commissiion-3

月間50回までの取引の場合、手数料は税込10,800円です。1日あたり2回~3回の取引ができます。また、月間100回までの取引の場合は、手数料は税込21,600円です。1日あたり4回~5回くらいの取引が可能です。

ここで注目したいのは、「取引回数」を基準にして手数料が決められていることです。「取引金額」ではありません。仮に、1取引が1,000万円という高額の取引だったとしても、月間取引回数が50回ならば手数料は税込10,800円です。

これは、1回の取引金額がある程度の大きさになる場合には、とてもお得なシステムだと分かります。

ここで、50回コースを選ぶとして、1か月に50回の取引をしたとしましょう。すると、1取引当たりの手数料は216円ということになります。すると、他社の取引手数料をざっと眺めて比較しますと、おおむね以下のことが言えそうです。

1取引の金額が50万円程度以上で、月50回の取引をするという場合、岩井コスモ証券が有利である

1日に何回取引するかといった細かい状況によって有利不利は変わってくるはずですが、取引金額がある程度大きくて取引回数も多い場合は、岩井コスモ証券が有利だと言えるでしょう。

なお、以下のことも言えます。

1取引の金額が大きい場合は、月間の取引回数が多くなくても岩井コスモ証券が有利である

取引金額がある程度の大きさだという場合、岩井コスモ証券を選択肢に入れてみましょう。

→ 岩井コスモ証券の口座開設はこちらから

以上、月間取引回数によって決まる手数料体系を中心にご案内しましたが、取引ごとの手数料や1日ごとの手数料という設定もありますので、ここで確認しましょう。下のキャプチャの通りです。

iwai-commissiion-1

iwai-commissiion-2

上の表を見ますと、取引金額が小さい場合は、1日の約定金額で手数料を計算するというタイプが有利だと分かります。10万円までの約定金額の場合、手数料は税込で86円です。業界でも安い部類に入るでしょう。

月間取引回数を元にする手数料体系が優良ですから、それを中心にご案内しました。しかし、1日の約定金額を元に支払うというプランもお得だと分かります。

岩井コスモ証券の口座開設はこちらから

→ 証券口座紹介ページに戻る