株式投資で悩むことはいくつもあるでしょうが、「どの銘柄を選択するか」が大きな問題ではないでしょうか。東証1部上場企業だけでも1,000を優に超えます。一つ一つの銘柄をチェックする時間はありません。

そこで使いたいのが、証券口座のスクリーニング機能(銘柄検索機能)です。カブドットコム証券の機能が優れものですので、ここで使い方を確認しましょう。

カブドットコム証券の「kabuナビ」

カブドットコム証券にログインして、画面上のナビゲーションで「kabuナビ」をクリックします。すると、下のキャプチャが出てきます。これがkabuナビです(キャプチャはすべてカブドットコム証券からの引用です)。

最初の画面は「かんたん検索」画面です。細かい設定をしなくても、直感的に検索できる優れものです。

kabu-navi-top

例えば、一番左上に「いま注目のスクリーニング」とあります。カブドットコム証券が選定するスクリーニング条件が既に設定されており、その結果が右側の一覧に出てきます。

さらに絞り込みをしたい場合は、左上から2列目の「検索条件を指定します」で自由に選択していきます。

キャプチャ左下に様々な業種名が書いてあり、色分けされています。これは、選択したスクリーニング項目について好調度合いが色で分かるという仕組みになっています。この業種名をクリックすると、右側に銘柄一覧が出てきます。

そして、銘柄名をクリックすれば詳細情報が出てくるという仕組みです。

例えば、下のキャプチャは「経常利益変化率」を選択したときの色です。多くが赤色になっており、業績好調な業種が多いことが分かります。選択肢は、下のキャプチャの下側に列挙されています。

kabu-navi-kantan

詳細検索

次に、自分でスクリーニング項目を決めて銘柄検索する方法を確認しましょう。kabuナビの一番上にある「詳細検索1」タブをクリックします。

すると、下の画面に切り替わります。

kabu-navi-shosai-1

画面は左側と右側に分かれています。左側で市場などを選択し、右側で詳細な条件を設定します。ここで、PERをクリックしてみましょう(下のキャプチャの左側赤部分)。

kabu-navi-shosai-2

すると、右側にPERについての詳細設定が出てきます。原寸大に拡大したのが下のキャプチャです。

kabu-navi-shosai-3

青矢印を2本書いていますが、矢印の先の白い部分を自由に左右に動かすことによって、どのPERの範囲で検索したいかを決められます。上のキャプチャの状態ですと、検索するPERの範囲は6.11925~41.80238です。

マウスで設定すると、このような細かい数字になることがあります。1や2といった整数で指定したい場合は、数字の欄をクリックして数字を入力できます。

また、上のPERの範囲に該当する銘柄数は2498銘柄だと明記してあります。自分が抽出したい範囲の銘柄数が一瞬で表示されますので、極めて便利です。

では、このPERのスクリーニング条件を生かしつつ、さらに追加で検索条件を追加してみましょう。ここでは、「テクカル」タブをクリックしてみましょう。以下の多くの条件から選べます。

kabu-navi-shosai-5

下のキャプチャの赤で囲った条件「一日平均売買代金」をクリックしますと、右側にPERの時と同じような選択用の絵が出てきます。そこには、銘柄数が1532とあります。

これが意味することですが、「先ほど選んだPERの条件を満たす銘柄の中で、さらに一日平均売買代金の条件も同時に満たす銘柄は1532である」という意味です。

条件を追加すれば、さらに詳細な銘柄検索が可能になります。

kabu-navi-shosai-7

そして、検索条件を全て設定したら、kabuナビの右上にある「検索」をクリックします。すると、下のように銘柄が出てきます。

kabu-navi-result-1

銘柄を一覧の上に「チャート」「財務」などのタブがありますので、それをクリックすると、分かりやすい図表がでてきます(下のキャプチャは「財務」タブをクリックした状態)。

kabu-navi-result-2

もちろん、自分だけのオリジナルの検索条件を保存できます。そこで、とりあえず検索だけしておいて、後からゆっくりと銘柄検索しよう!といったことも可能です。

カブドットコム証券の口座開設はこちらから