証券口座

LINE証券のメリット【LINEポイントで株を買う】

2020年4月10日

LINE証券

LINE証券は、1株からの株式売買で威力を発揮します。そこで、LINE証券のメリットを確認しましょう。

LINE証券で口座開設すると、最高3株もらえる

LINE証券で、口座開設したとします。スマホで数分で可能です。すると、簡単なクイズが出てきます。全部で2問です。

それに正解すると、株式をもらえます。

  • 2問正解:3株
  • 1問正解:2株

LINE証券

わずか3株と思ってはいけません。例えば、1株=700円だとしましょう。3株で2,100円です。

スマホで3分で口座を作っただけ、入金せず、取引もせず、簡単なクイズに回答しただけ。これで、3株獲得です。どんなアルバイトよりも最高に効率的で、リスクがありません。

しかも、配当金もしっかりもらえます。

LINEポイントで株式を買える

そして、LINE証券の大きな特徴は、LINEポイントで株式を買えることです。

LINEポイントは、様々な方法でもらえます。LINEの各種サービスを使えば、徐々に貯まっていきます。その中には、「広告を視聴する」「アンケートに答える」もあります。

すなわち、電車に乗っていたり、寝る前のちょっとした時間だったり、そんなときにサクッとLINEポイントを稼げます。

そして、そのポイントを使って、株式投資ができます。

株式投資と言えば、「儲かるかもしれないけれど損するかもしれない」というイメージが付きまといます。しかし、LINEポイントならば、そんなことはありません。

サービスでもらったポイントですから、仮に株価が下がっても、お金を失ったわけではありません。そうでありながら、株価が上昇したら売って稼げますし、配当金ももらえます。

すなわち、「LINEポイントがお金を作ってくれる」ということです。

その他のメリット

その他にも、メリットがいくつもあります。順に見ていきましょう。

リアルタイムで売買できる

LINE証券は、1株から売買できます。すなわち、単元未満株です。一般的には、単元未満株の売買は制約が大きいです。

例えば、1日に2回しか取引チャンスがなかったり、取引手数料が割高だったりします。

しかし、LINE証券の場合、市場の値動きを確認しながら、リアルタイムで売買できます。すなわち、デイトレードができます。単元未満株でデイトレードができるのは、大変魅力です。

LINE証券

業界最低水準の手数料

先ほど、単元未満株は手数料が割高だとご案内しました。一般的には、確かにそうです。ところが、LINE証券の場合、手数料がとても安いです。

下の画像の通り、業界最低水準です。

LINE証券

一般的なネット証券会社の場合、「売買代金×0.5%」が一般的です(下の記事でご案内しています)。

単元未満株の売買手数料比較

経済が順調に拡大するとき、株価も上昇します。素晴らしいことですが、資金力がまだ十分でない場合に少し困ったことが起きます。それは、単元株で買える株式の種類が減ってしまうことです。 そんな時に活躍するのが ...

続きを見る

ところが、LINE証券の場合、0.05%です。一般的な手数料の10分の1です。

LINEを使っていて株式投資に少しでも関心がある場合、LINE証券で口座を持つ価値があります。無料で株式を保有して、配当金を稼げます(もちろん、値上がり益も)。

Tポイントで株を買う

LINE証券は、LINEポイントで株式を買えます。

その他、Tポイントで株を買える証券会社もあります。SBIネオモバイル証券です。この2社の比較につきましては、下のリンク先記事でご確認いただけます。

LINE証券とSBIネオモバイル証券を比較

少額から株式投資したい場合、1株から買うのが選択肢になります。 従来と違って、1株からでもお得に売買できる証券会社が出てきました。そこで、代表的な2社について、比較しましょう。 どちらで株式投資するの ...

続きを見る

-証券口座

Copyright© 株式投資ウィナーズ , 2020 All Rights Reserved.