ライブスター証券の手数料

ライブスター証券は取引手数料が安い!

ライブスター証券の第一の特長はおそらく、現物株の取引手数料の安さでしょう。というのは、2017年「みんなの株式」手数料ランキング(2018年発表)において、5年連続第1位だからです。どの証券会社で株式を買っても同じ現物株式を買えるのですから、手数料は少しでも安いほうが良いです。

下の表をご覧ください。取引ごとに手数料を支払うプラン(一律プラン)と、1日の取引総額に応じて手数料が決まるプラン(定額プラン)があります。

ライブスター証券の手数料

ライブスター証券の手数料

一律プランの場合、約定代金が10万円以下だと取引手数料が税抜80円です。10万円~20万円の場合は税抜97円です。缶ジュースを買うよりも安いです。

一律プランと定額プランのどちらがお得かですが、1日の間に何回も取引する場合は定額プランの方がお得になるでしょう。1日1回程度未満ならば、一律プランがお得になる場合が出てきます。

また、下の表は、当サイトで紹介している全証券口座に関し、1取引の約定金額ごとの税込手数料の安さ第1位の業者名を書いたものです。

約定代金最安証券会社
~10万円86円ライブスター証券
~20万円104円ライブスター証券
~50万円194円ライブスター証券
~100万円367円ライブスター証券
~150万円432円ライブスター証券
~300万円648円ライブスター証券
300万円超864円ライブスター証券

ライブスター証券の名前しかありません。手数料が安いといえば、いわゆるネット証券のイメージが強いかもしれません。しかし、現実はライブスター証券の勝利ということになります。

とにかく安い手数料で現物株式を買いたいならば、ライブスター証券が有力な選択肢になるでしょう。

立会外分売での株式購入が可能

立会外分売(たちあいがいぶんばい)とは、大株主が取引所の立会時間外に株式を売ることです。購入手数料が無料だったり、市場価格よりも安く買える可能性があったりと、メリット盛りだくさんの取引です。

全ての証券会社で立会外分売で株式を買えるわけではありません。ライブスター証券なら、インターネットで購入可能です。

ライブスター証券で立会外分売に参加するメリットは、以下の通りです。

・買付手数料無料
・前日終値より安く買える可能性
・購入した日に売却可能
・SNSでリアルタイムに情報をもらえる

ライブスター証券のツイッターやラインに登録することにより、立会外分売情報をいち早く入手できます。

PCでもスマホでも取引可能

livestar-s2

ライブスター証券では、PCでもスマホでも株式投資が可能です。スマホはPCに比べて画面が小さいにもかかわらず、その機能は充実しています。

・板情報はリアルタイムで更新
・複数のテクニカルチャートを使用可能
・株価ボードには600銘柄まで登録可能
・各種ランキング情報を利用可能
・銘柄関連ニュースも取得可能

豊富な取扱商品

ライブスター証券では、株式の現物売買のほか、以下の商品も扱っています。

・株信用取引
・先物取引
・投資信託
・FX

今はこれらの取引をする予定がなくても、将来取引したくなったときに、改めて口座開設するのは面倒です。可能ならば、一つの会社で取引したほうが手続きが楽です。

特に、FXについては、株式の配当に似た性質を持つスワップポイントがあります。株式投資で得た利益をFXで複利運用して、スワップポイントを獲得という取引も可能でしょう。

複利運用例:
(1)株式投資で、配当や値上がりで資金増を狙う。
(2)獲得資金で米ドル/円(USD/JPY)などを買って、スワップポイントを毎日獲得。

スワップポイントは「毎日」得られるというのが、ポイントが高いです。

【公式サイト】ライブスター証券