株式投資情報を盛りだくさんでお届けします。

株式の長期投資

  • HOME »
  • 株式の長期投資

long-term-picture

長期投資

株式投資の王道は、長期短期にかかわらず「安く買って高く売る」です。

しかし、日々の値動きを追って利益を狙うのは、大勢の人ができるというわけではありません。それが相場の難しさです。そこで、日々の値動きに一喜一憂せず、長期保有するという考えも有効でしょう。

長期保有で期待できる利益

長期保有で期待できる収益は、以下の通りです。

1 配当
2 株主優待
3 値上がり益
4 FXのスワップポイント

4のFXのスワップポイントは、一般的でないかもしれません。「買って長く持つ」という長期株式投資で利用可能です。記事「株式を利用して、FXで収益を狙う」で確認いただけます。少しでもリスクを小さくして、長期的に収益を得ることを目指します。

長期投資

長期投資の基本編と応用編では、長期投資に必要な考え方について考察します。正解は一つではありませんので、ここに書いてあることがすべてではありません。

数ある選択肢の中の一つとして検討できます。

株式の長期投資
長期投資の手法

各業界と株式投資

長期投資を概観した後は、業界ごとの将来を考えてみます。ここで検討している業界は4つですが、世の中には数多くの業界があります。これら以外でも、検討できるでしょう。

全般的に見ると、日本の人口減少が各業界の悩みの種のように見えます。各企業は人口をコントロールできません。そこで、人口減を前提として、どのように活路を見出すかが腕の見せ所です。

各業界と株式投資

経済指標と株式投資

業界ごとでなく、日本全体の指標を確認しながら、株式相場を考察します。何かの指標と日経平均株価等に明確な関係があれば、株式投資をする際に有利になります。

GDP(国内総生産)やCPI(消費者物価指数)など、主要な経済指標を使って検討します。

経済指標と日経平均株価

短期投資

short-term-picture株式の長期投資で配当や株主優待をもらうのも良いですが、短い時間でしっかり収益を狙える短期トレードも魅力があります。

株価は1日のうちに大きく動くことが少なくないですから、安く買って高く売る、または、高く売って安く買い戻す(信用売り)ことによって積極的に収益を狙います。

しかし、何かのニュースで突発的に株価が動いたり、大口投資家の売買で株価が動いたりすることがあるでしょうから、注意が必要です。また、不注意や知識がないことが原因で損失を計上してしまうのは残念です。

そこで、トレードを始める前に、短期トレードの特徴や注意点を確認しましょう。

株式の短期投資
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

どの証券口座が有利?

 pickup自分にとってベストな証券口座とは?
PAGETOP
Copyright © 株式投資ウィナーズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.