株式投資情報を盛りだくさんでお届けします。

投資一任口座:MSV LIFE

  • HOME »
  • 投資一任口座:MSV LIFE

msv-life-logo

MSV LIFEは主に中長期運用を目指した口座で、顧客は方針を決め、MSV LIFEはそれに従って運用するという投資方法です。そこで、その内容を確認しましょう。

顧客が方針を決め、運用はロボ・アドバイザーが担う

IT技術の発展はすさまじく、一般の人がすべてを理解するのは困難になっています。投資の世界にもITが活用されています。よって、情報は日に日に多くなり、投資商品もどんどん新しいものが開発されています。

ニーズがない商品を開発しても意味がありませんので、その新商品はニーズがあるということになります。しかし、それが私たちにとって有益かどうかを考えるのは大変なことです。

中途半端な知識で運用しても、思わぬ事故に遭ってしまうかもしれません。事故に遭って資金が減ってしまっては大変です。

では、どうしましょうか。

・・・そこで、ロボ・アドバイザー2.0と呼ばれる「MSV LIFE」の登場です。

msvlife-image

コンピュータのメリット

ロボ・アドバイザーはその名から分かりますとおり、コンピュータです。コンピュータのメリットはいくつもあるでしょう。

・疲れ知らずで24時間継続的に働ける
・感情がなく、決められた作業を延々と繰り返せる
・計算速度が非常に速い

人にはないメリットです。

人のメリット

では、人は完全にコンピュータに負けてしまうのでしょうか。そうではないでしょう。

・資産運用するには理由がある。その理由を知っているのは私たち人間
・どういうプランを採用したいか、創造的に考えるは人の方が得意
・私たちのリスク許容度は、コンピュータでは判定しづらい

すなわち、人とコンピュータでは得意分野が違うということになります。そこで、「顧客が方針を決め、運用はロボ・アドバイザー(MSV LIFE)が担うという分担が出来上がります。

従来の資産運用サービスとMSV LIFE

従来の投資商品を振り返って見ましょう。例えば、投資信託です。投資信託がそれぞれ「単品」で販売されています。

・投資対象(株や債券など)
・基準価額の推移
・分配金の状況

こういったデータが分かりますが、それを私たちのライフステージの中に位置づけるのは難しい作業です。その投資信託を買う理由は?その金額を投入する理由は?それは人生の中でどのように位置づけられる?・・・とても難しい質問かもしれません。

この点、MSV LIFEはかなり異なります。

1. 実際に投資する前に:相談(Plan)
いつまでに資産をいくらにしたいか、その理由は?どの程度の資金を入金できる?どこまでリスクを取れる?といった内容を確認します。

2. 投資の実行を任せる:実行(Do)
Planに従って、MSV LIFEがETF商品を買い付けます。顧客は商品選択をしません。これが投資一任契約です。

3. ロボ・アドバイザーによるチェック:見守る(Check)
当初のプラン通りに運用が進んでいるかチェックし続けます。その結果は毎日自由に閲覧できます。

4. 見直し:Action
当初予定よりも成績が良い、あるいは悪いということがあれば、入金額を変更したりリスクを減らしたり大きくしたりします。

MSV LIFEは「投資の理由」「運用状況確認」「プランの修正」にまで踏み込んだサービスです。しかも、実質コストは1%未満を目指しています。私たちは、難しくなりすぎた資産運用から解放される可能性を持っています。

資産運用から解放されると、自由時間ができます。その時間を私たちの有意義な生活に使いましょう。

 

投資一任口座「MSV LIFE」
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

どの証券口座が有利?

 pickup自分にとってベストな証券口座とは?
PAGETOP
Copyright © 株式投資ウィナーズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.