新サービス「MSV LIFE」のサービス開始記念セミナーが、2016年10月18日に開催されました。そこで、このサービスの趣旨・目的などを確認すべく、当サイト管理人はセミナー会場にいってまいりました。

セミナーの模様を最初にご紹介してから、パネルディスカッションの内容をご案内しましょう。マネックス証券ホームページにも掲載されていないレアな情報です。

banner

MSV LIFEとは

先にMSV LIFEについて簡潔に確認しましょう。MSV LIFEを一言で表現するならば、「投資一任契約」に基づく投資です。すなわち、私たち顧客は投資の基本方針を運用会社に伝え、運用会社はその方針に従って資産運用するというものです。

この種の投資は既に発売されており、目新しいものではないでしょう。しかし、MSV LIFEは先行商品とは異なるサービスを提供します。その内容は記事の最後でご案内します。

サービス開始セミナーの模様

最初にマネックス証券松本会長のあいさつ。いつも穏やかなオーラを出していらっしゃいます。こんなに穏やかなのに、世界的に有名なスーパートレーダーです。いや、穏やかだからスーパートレーダーなのかも。

%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%bc%9a%e9%95%b7

引き続き、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問社長の大原さんによる商品説明です。淡々と話は進みましたが、今までとは違う商品性が良く分かりました。説明を聞きながら、当サイト管理人も投資してみようか?と考えていました。

%e5%a4%a7%e5%8e%9f%e7%a4%be%e9%95%b7

そして、ファイナンシャルプランナーの深野さん(有限会社ファイナンシャルリサーチ代表)を交えたパネルディスカッションです。この写真では皆さん神妙な顔をしていらっしゃいますが、かなり活発に話が進みました。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

では、パネルディスカッションの内容をご案内します。とても興味深い内容でした。

MSV LIFEの候人投資家へのインパクト

松本会長:
現代社会は多くの情報と多数の投資対象があって、個人がすべてを把握するのは困難。すると、事故に遭う可能性も高くなるよね。一方、特定の行為の繰り返しは人よりもコンピュータのほうがずっと得意。事故も減らせる。

だから、人が方向性を決めて、その反復実行はロボアドバイザー(MSV LIFE)に任せるといいんじゃないかな。

大原社長:
ロボアドバイザーは「楽しい」ツールではない。目標に向かって毎日淡々と投資するから。顧客は目標を定め、ロボアドバイザーに運用を任せる。こうすることで、「個人投資家」は「個人」に戻ることができる。

自分の時間を確保して、その時間を自分がやりたいことに使ってほしい。

これからの個人の資産形成で重要なこと

松本会長:
投資コストを下げることと、長期に運用できることが大事。低金利下でコストが高かったら利益が出ないし、寿命はどんどん伸びているから、長くできなければならない。

大原社長:
松本会長の2点に加えて、少しでも早く投資行動することが大事。何かしたいと思っても「お金がないから・・・」では残念。事前に準備して、必要なときに必要な資金を確保できるようにしたい。

深野代表:
高金利時代は誰でもリターンを得られた。貯金しておけばOKだから。しかし今は違う。低金利だから、創意工夫によって得られるリターンが大きく変わってくる。老後の長さも昔とは大きく違っているため、プランニングがとても大切。

パネリストから皆様へのメッセージ

松本会長:
変化する環境の中でいかに対応するか、これが大切。

大原社長:
MSV LIFEは顧客の人生に寄り添うサービスです。改善点があればどんどんお知らせいただきたい。

深野代表:
「習うより慣れよ」・・・少しずつ始めることが大事。働くのは定年退職があっても、資産運用は生涯現役。いかに運用して、いかに使うか。

MSV LIFEとは?

さて、このような感じで進んだセミナーですが、そもそもMSV LIFEとは何でしょうか。

それを知るためには、今までの資産運用サービスと比較すると分かりやすいでしょう。なお、MSV LIFEの詳細説明につきましては別記事(執筆中)をお待ちください。

今までの資産運用サービス:
(1)利回り重視の提案・・・分配金が毎月○円!利回り○%!など。
(2)信託報酬が高い
(3)顧客のリスク許容度は確認するが、顧客の運用計画や目標に参画しない
(4)商品を売ってから、継続的なフォローアップがない(または、弱い)。

MSV LIFE:
(1)最適なポートフォリオ提案
(2)ETFを活用し、信託報酬が安い(低コスト)
(3)顧客の目標を確認し、それに向けたサポートをする
(4)毎日のように運用成果を確認可能。目標達成確率も毎日更新しており、数字の変化に合わせて運用方針を変えることも可能。

たとえば・・・こんな感じで、投資の目標を選択できます(シミュレーションのサイトから引用)。

msv-life-1

目標を選択し、リスク許容度や投資知識などを選択していくと、下の結果が出てきます。左下に、目標とする時期に目標額を達成できる確率が87%と出ています。毎月の積立額や投資リスクを変更することで、この数字が上下します。

msv-life-2

上側のグラフは、時間の経過とともにどのように資産が増えていくかをシミュレーションしたものです。リスクがあるとはすなわちリターンを得る確率も高くなることを示しますから、目標値(ここでは500万円)よりも大幅に資産が増える可能性があります(減る可能性もあります)。

グラフでは、目標年(2026年)に達成される資産額は400万円台~800万円台と推測されています。

一方、リスクが小さいプランを選ぶと、目標年の資産額の予測値の幅が小さくなります。時間の経過とともにこの予想額も変化してきますから、それに合わせてプランを変更することができます。

なお、実際の投資商品そのものの売買は、MSV LIFEが行います。私たちはプランを決定するだけでOKです。

→ マネックス証券口座があれば、MSV LIFEに申し込み可能!

 

投資一任口座「MSV LIFE」