あるとき、株式を買いまいた。あとは、株価が上昇するのを待つだけです。いつも株価が上昇すれば問題ないですが、現実には株価が下落することもあります。その場合、損失確定の売却をしなければなりません。

そうしないと、含み損がどんどん大きくなって、いわゆる塩漬けになってしまうかもしれないからです。

株主優待狙いの長期投資ならば、塩漬けでも良いかもしれません。しかし、特に短期トレードの場合には、負けトレードをいかに上手に乗り切るかが、成功のカギを握るといっても過言ではないでしょう。

そこで活躍するのが、OCO注文です。

OCO注文とは

OCO注文とは、利益確定の売り注文と、損失確定の売り注文を同時に出せるという方法です(信用売りしている場合は、利益確定の買い注文と、損切りの買い注文を同時に出せます)。

下のチャート図で具体的に確認しましょう。

下の図の左側の点で、株式を買いました。株価が上昇したら、ある株価で売りたいと考えています。また、残念ながら株価が下がってしまった場合にも、特定の株価で売りたいと考えたとします。この時にOCO注文を使います。

oco-1

期待通りに株価が上昇した場合

株価が上昇した場合、利益確定の売却注文が実行されて約定します。そして同時に、損失確定の注文はキャンセルされます。

損切り注文を、わざわざキャンセルする必要はありません。

残念ながら株価が下がった場合

意図に反して株価が下落する場合、損失確定の売却注文が執行されて約定します。そして同時に、利益確定の注文はキャンセルされます。

注文をキャンセルする必要はありません。

同時に2つの注文を発注しておきながら、1つが成立するともう一つは自動でキャンセルされますので、とても便利な注文方法です。

OCO注文のメリット

OCO注文のメリットは、利益確定注文と損失確定注文を同時に出せるということです。さらにもう一つ、とても重要なメリットがあります。それは、「より確実に売却を実行できる」ということです。

例えば、特定の株価になったら、成行で売却しようと考えたとしましょう。実際にその株価になったとします。さて、売却するとき、どんな感情が出てくるでしょうか。

含み益があるとき
・ここで売却するのはもったいないかも。
・ここで我慢すれば、もっと含み益を大きくできるかも。
・しかし、ここで売却しないと、反落したら困る。
・どうしようかな・・・。
含み損があるとき
・含み損があるのに売ったら、実現損になってしまうから嫌だ。
・ここで我慢すれば、再び株価は上昇するかもしれない。
・でも、このまま株価が下落するかもしれない。
・どうしようかな・・・。

売却注文を出すために、心の中で大きな迷いが出てきます。その結果が良い方向に出れば満足ですが、失敗だったらとても後悔するでしょう。「やっぱり、始めに決めた株価で売ればよかった」という具合です。

また、取引のたびにこのような迷いがあっては、いつか疲れてしまいます。疲れるようなトレードでは、どこかで行き詰ってしまいます。

OCO注文は、あらかじめ利益確定と損切りの注文を出せるのが特徴です。すなわち、ここで考察したような心の迷いとはサヨウナラです。OCO注文を出したら、後は株価の動きをのんびりと見守りましょう。

OCO注文のコツ

OCO注文を実際に使うときのコツを考えましょう。下のチャート図を使います。

oco-21

図の左側の部分で買いました。そして、OCO注文で利益確定と損失確定の両方の注文を発注します。この時、利食い幅と損失幅を比較して、利食い幅の方が大きくなるようにします。

(利食い幅) > (損失幅)

実際にトレードする場合、勝率がどれくらいになるか、一人ひとり異なるでしょう。しかし、勝率が50%を超えていれば、悪くない数字として満足できると思います(もちろん、もっと高い方が良いです)。

しかし、勝率は50%を超えていても、利食いするときの利益は少しで、損切りの時のマイナスは巨大だと、合計で損してしまいます。そこで、利食いするときの金額を、損切りのときの金額よりも大きくします。

・勝率は50%より大きい
・利食い額は、損切り額よりも大きい

これを継続すれば、長期的に見て資産は増えていくことでしょう。

また、トレードするたびに期待通りに株価が動けば良いですが、そういうわけにもいきません。そこで、毎回の利食い額が損失額よりも大きくなるようにしておけば、たとえ勝率が少々落ち込み気味になっても、トータルでは損しないという株取引が可能です。

なお、調子が良いときには、このようなルールを作らなくても良いかもしれません。しかし、ずっと永遠に絶好調を期待するのは無理があります。

そこで、少々調子が悪い時にでも損失が積み上がらないように、このような工夫ができます。

OCO注文を使える証券会社

さて、このように有用性が高いOCO注文ですが、全ての証券会社で利用できるというわけではありません。そこで、OCO注文を使える証券会社を紹介します。

売買の注文方法を確認しよう!