株式投資の最低取引単位は1単元です。1単元は1,000株のこともあれば、100株や1株の場合もあります。では、1単元に満たない株式(単元未満株)を売買する場合、そのメリットとデメリットは何でしょうか。

単元株とは何か?につきましては、別記事「【単元株】株式は何株から買える?1株、それとも100株?」をご確認ください。

単元未満株のメリット

単元未満株は一般的でないイメージがありますが、メリットがあります。

主な点は以下の通りです。

メリット:1単元の株価が大きすぎる場合

例えば、1単元の株式数が100株の企業があるとします。業績が良く、将来見通しも明るいです。その結果、株価は3万円だとします。この場合、1単元を取引するのに必要な金額は300万円となります。

100株(1単元)×3万円(株価)=300万円

投資資金が1億円あれば、余裕で出せる金額でしょう。しかし、1千万円だったら、1単元を買うべきかどうか迷います。業績が良くて将来見通しが良いと言っても、1企業の株に全資金の30%を投入すべきか、という問題です。

手元資金が100万円だったら、そもそもこの企業の株式を買えません。

しかし、単元未満株ならば、1株から売買できます。この株式の例でいえば、3万円から株式を買えるということになります。資金量が十分でない場合、単元未満株の制度は大変助かります。

メリット:分散投資したい場合

上のメリットに関連しますが、長期で分散投資したい場合、1つの銘柄に投入できる金額は小さくなりがちです。そして、長期投資ですから、将来展望が明るい企業の株式を買いたいです。

しかし、将来性がある株式は、だれもが欲しいです。すなわち、株価は高くなるので、分散投資が難しくなります。

このような場合に、単元未満株の購入が選択肢になります。1株から売買可能というのは、大きなメリットです。

メリット:購入者の名義になる

少額から売買できる取引方法に、株式累積投資(るいとう)があります。これも、1単元に満たない株式を売買できます。しかし、名義は購入者本人ではありません。「証券会社の株式累積投資口」になります。

株主の権利は、証券会社が行使します(配当は、持ち分株数に応じて分配されます)。

自分の名義かどうかというのは、実質的には大した影響はないかもしれません。しかし、単元未満株ならば、自分の名義で株式を売買できます。

単元未満株のデメリット

単元未満株は、最低取引単位を下回る取引をするということです。よって、複数のデメリットが出てきます。これはやむを得ないでしょう。

デメリット:単元未満株を売買できる証券会社

単元未満株は取引所で売買できませんので、証券会社が取引システムを構築して、顧客にサービスを提供しています。システム投資が必要なのに、取引金額は小さく、証券会社にとって旨味は少ないでしょう。

よって、単元未満株を売買できない証券会社が多いです。証券会社は営利目的で活動しています。儲からないサービスに注力することはできません。

このため、単元未満株を売買できる証券会社数が限られてしまうのがデメリットです。

デメリット:売買の自由度

単元未満株をインターネット経由で売買できる証券会社として、主に以下の4つがあります。

カブドットコム証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券

どの証券会社も、単元未満株では自社の利益が少ないでしょうが、顧客のために頑張ってくれているのが伝わってきます。しかし、単元未満株は取引所で売買できません。

よって、前場始値と後場始値の価格で成行売買するルールになっています。

すなわち、デイトレードは可能ですが、単元株の売買に比べて難しいでしょう。単元未満株は、中長期の売買に向いているように思います。

デメリット:売買手数料

単元未満株の売買金額は、一般的に少額になるでしょう(1単元に満たないから)。そこで、証券会社が受け取る売買手数料は、単元株に比べれば高い割合になります。

カブドットコム証券、マネックス証券及びSBI証券では、手数料は約定代金の0.5%となっています。

単元株式に比べれば、確かに手数料率は大きいです。しかし、手数料の額そのものは、比較的小さくなると予想できます(1単元に満たない額だから)。また、単元未満株を売買できるというメリットの方が大きいように見えます。

売買手数料率の大きさをデメリットとして挙げましたが、本来はできない取引をできるようにしてもらっているという点で、苦にならないデメリットと言えるでしょう。

資金成長が十分でないとき、単元未満株はメリットあり

以上、概観しますと、資金が成長途上でまだ十分な資金がないときに、単元未満株が有効に機能すると分かります。

そこで、単元未満株を売買してみようとなったら、どの証券会社を使うべきか検討しましょう。記事「単元未満株の売買手数料比較」で比較していますので、ご確認ください。

株式投資:応用編
こんな金融商品もあります!
→ 「株式投資:応用編」カテゴリに戻る