楽天証券は、巨大な企業グループの一員です。その特性を利用して、私たちにとってメリットが大きいサービスを展開しています。

そこで、楽天証券の特長を確認しましょう。

楽天ポイントで投資信託を買える

楽天

日々の生活で、楽天ポイントをためている人は多いでしょう。そのポイントを使って、投資信託を買えます。1ポイントから利用可能ですので、無駄がありません。

楽天ポイントで投資信託を買えるメリットは、「事実上、自己資金を使わずに投資ができる」ことです。

投資は魅力的ですが、リスクがあります。なぜなら、損する可能性があるからです。投資に損はついて回りますが、損したくありません。この点、楽天ポイントならば、損してもポイントを失うだけです。

逆に、成功すれば、自分のお金が大きくなります。

毎日の消費で、楽天ポイントは少しずつ貯まっていきます。これを投資に使えるのですから、メリットが大きいです。

楽天クレジット決済で投資信託(ポイントをもらえる)

楽天

投資信託の積立と言えば、銀行口座からの引き落としが一般的でしょう。楽天証券の場合、楽天カードを使って投資信託の積立ができます。

これのどこがスゴイかですが、クレジット決済で投資信託を積立てると、100円につき1ポイントが付くことです。このポイントを使って、投資信託を買うことも可能です。

すなわち、10,000円分の投資信託を買ったら、10,100円分買うことができます。

投資は、始めた瞬間は損していることが少なくありません。と言いますのは、買付手数料を支払う分だけマイナススタートだからです。しかし、楽天カードを使った積立の場合は、プラスからのスタートになります。

積立ですから、この効果が毎月続きます。銀行口座の引き落としで投資信託を買うよりも、楽天カードのクレジット決済の方が有利です。

楽天銀行を使えば、入出金もラクラク

楽天

私たちは、一般的に銀行にお金を預けています。株式投資をしようと思ったら、銀行から証券会社に入金します。すると、送金手数料が必要になります。もったいないです。

この場合、楽天銀行が使えます。

・楽天銀行と楽天証券の間で、入出金手数料無料
・楽天銀行の普通預金金利で優遇
・楽天スーパーポイントももらえる

楽天証券を使う場合、楽天銀行を使わないという選択肢は考えづらいです。他の銀行の場合、私たちは送金手数料等で支払いが必要です。楽天銀行を使えば、支払うのではなくもらうことができます。

→【公式サイト】楽天証券

株式取引ツール「Market Speed 2」

楽天証券の株式売買ツール「Market Speed」がバージョンアップし、Market Speed 2が公開されました(Market Speedも引き続き利用可能です)。

下は、Market Speed 2の紹介動画です(再生時間1分54秒)。

Market Speed 2の特長

Market Speed 2の特長はいくつもありますが、ここでは「メニューが多いのに分かりやすい」をご案内しましょう。

下は、Market Speed 2の画面です(楽天証券から引用)。上部と左側に、赤枠を囲みました。

market-speed-2

主なメニューは、すべてここに集約されています。上の画面では、メイン画面に「武蔵」という機能を呼び出しています。すると、画面いっぱいに武蔵が表示されます。

メイン画面では、各種メニューがタブ形式で表示されています。このため、どんな機能があるのか、1画面で分かります。使いたいタブをクリックすると、必要な情報を呼び出せるという仕組みです。

これのどこがスゴイのか?ですが、どこにどんな機能があるのか、迷うことがないという点です。他社ツールの例ですと、こんな場合があります。

・あるメニューを選ぶ
→ 画面が切り替わって、メニューが数多く並ぶ
→ その中の一つを選ぶと、さらにメニューが数多く出現

この場合、特定のツールを使おうとする場合に、「どこにあったっけ?」と迷うことになります。また、ツールを使い始める当初においては、どこにどんなツールがあるのか、見当もつきません。

結局、ツールの機能を使いこなせないまま、時間が経過することになります。

Market Speed 2の場合、階層が浅いです。数少ないクリックで目的のツールに到達できますし、どこにどんなツールがあるのか、分かりやすい構造になっています。

このため、本当は使い勝手が良いのに気づかずに使えない、どこに何があるのか分からずにストレスを感じる、といった問題が発生しづらくなっています。高機能なのに分かりやすい(しかも、画面が格好いい)というメリットを備えています。

アルゴリズム取引が可能

アルゴリズム取引(アルゴ)という言葉が、一般的になってきました。人間では不可能と思えるような売買を、コンピュータが実行してくれる取引です。

すると、アルゴ注文を使える人は有利ですが、使えなければ不利になってしまいます。

長期投資ならば、アルゴリズム取引は不要でしょう。しかし、短期トレードになればなるほど、誰かがアルゴリズム取引を使っているけれど自分は使っていない、という状況に苦しむ場面が出てきます。

この問題を解決するかもしれないのが、楽天証券のアルゴ注文です。全部で5種類使えます。

・スナイパー注文
・アイスバーグ注文
・リンク注文
・トレイリング注文
・リザーブ注文

いずれも、人の手で操作するのは大変な注文です。使いこなせれば、おおきな武器になってくれるでしょう。なお、楽天証券のアルゴ注文につきましては、「アルゴリズム取引(アルゴ注文)とは」をご確認ください。

【公式サイト】楽天証券