株式分割とは、株主に無償で株式を配布することです。例えば、分割して1株を2株にします!と発表された株があれば、分割実行日に株式を持っていると自動的に株式数が2倍になります。

ただし、株式数が2倍になったからと言って、自動的に儲かるわけではありません。というのは、株式数が2倍になれば株価は2分の1になるからです。

例:
時価総額100万円、発行済株式数が100株なら、1株の株価は1万円。
時価総額100万円、発行済株式数が200株なら、1株の株価は5千円。

単純に株式数を増やすだけですから、株式数が増える分だけ、株価は下落します。では、わざわざ株式分割する理由やメリットは何でしょうか。

株式分割する理由

理由1:株価を引き下げる

株価は高いほうが良いのに、株価を引き下げるために株式分割するとはどういうことでしょうか。現在の株主にとっては株価は高いほうが良いですが、これからその株を買おうとする人から見ると、高すぎる株価では買うことができません。

そこで、株式分割することによって株価を引き下げ、より多くの人に買ってもらえるようにします。個人株主が多くなれば、その分だけ株主の多様化を実現できます。

理由2:目標は東証1部?

JASDAQから東証2部へ、東証2部から東証1部へ。このようにステップアップしていこうと思うならば、発行済株式数を増やし、流動性を高めて多くの人に売買してもらう必要があります。

よって、これを実現するための株式分割もあるでしょう。

株式分割で投資するメリット

メリット1:株価上昇期待

株式分割する理由で紹介しました2つに関連します。株式分割で株価を引き下げて多くの個人にも手の届く株価になり、流動性が高くなり、かつ、将来には東証1部になるかも?という期待が高まれば、株価の上昇も期待できるでしょう。

よって、株式分割する会社を重点的に調べて投資するという方法もあるでしょう。

メリット2:配当増加期待

株式分割する際、1株当たり配当額も少なくします。例えば、1株を2株に株式分割する場合は、配当は2分の1にします。こうすることで、配当総額は一定に据え置かれます。

しかし、株式分割の大きさの割には配当額の減額は小さく据え置かれるという場合もあります。この場合は、増配と同じ効果を持ちます。よって、株価の上昇に加えて配当増も狙うことが可能です。

メリット3:分割発表と同時に株価が上昇する可能性

株式分割は、上記のようにメリットがいっぱいであり、株式分割する理由も前向きなものです。このため、株式分割を発表すると株価が上昇傾向を示す場合があります。よって、この株価上昇の波に乗って短期トレードをするという選択肢もあるでしょう。

 

→ 「株式投資:応用編」カテゴリに戻る