株式投資を始めようとするとき、どうしてもバラ色のトレード成績を期待してしまいます。しかし、期待通りの結果とならない可能性もあるでしょう。

そこで、株式投資のメリットとデメリットを確認しましょう。

株式投資のメリット

株式投資には様々なメリットがあります。これらのメリットを考えますと、投資資金がわずかしかなくても、とりあえず株式投資してみるという姿勢はとても大切だと分かります。

メリット1:資産を増やすチャンス

株式投資をする理由は何でしょうか。ズバリ!資産を増やすためでしょう。資産が増えないならば、株式投資をするという人は少ないと予想できます。

資産を増加させる経路としては、(1)株価変動、(2)配当、(3)株主優待があります。うまく組み合わせて資産増加を狙いましょう。

メリット2:経済に詳しくなる

株価の値動きを考えるためには、株価が動く原因について知識がなければなりません。サイコロを転がして決めるわけにはいきません。

すると、投資しようとする企業の業績について調べたり、チャート分析の方法を調べたり、日経平均、国の財政、景気・・・様々な点について知識がついてきます。

株式投資をすることによって、経済に関する知識が身につくというメリットがあります。その知識は仕事や日常生活でも生かすことができるでしょう。

メリット3:国際社会に関心を持つようになる

株式投資を始めると、株価は世界経済の状況に大きく左右されることに気づきます。すると、為替レート・米国や中国の景況感や原油価格動向にも少なからず関心を持つようになります。

株式投資は、自分の資産を増加させることが目的かもしれません。しかし、その目的を達成するために、日本経済だけでなく世界経済についても知識がつきます。

メリット4:その気になれば、企業を保有できるかも

これは一部の投資家だけの話かもしれませんが、株式を持つとは、すなわち企業を所有するという意味です。発行済み株式総数のうち大きな割合を所有できれば、事実上、その企業はあなたのものです。

これを実現するにはとても大きな資金が必要ですが、これを目標とするのも面白いかもしれません。

株式投資のデメリット

メリットに比べてデメリットは項目が少ないと予想できますが、デメリットは存在します。しっかり確認しましょう。

資産が減るリスク

株価は変動していきます。すると、期待する方向に株価が動かないと、含み損となってしまいます。含み損の状態で反対売買をすれば確定損になります。

含み損であっても確定損であっても、損は損です。株式投資をするからには、このリスクから逃げることはできません。このため、投資は慎重に行いましょう。

 

→ 「株式投資の基礎」トップページに戻る