トラリピは相場の高値や安値を読まなくてもトレードできる手法です。「予想しなくても取引できる」というのはかなり強力なメリットです。では、トラリピを使って自動売買できる銘柄は何でしょうか。

トラリピの対象銘柄:「くりっく株365」の銘柄4つ
・日経225
・NYダウ(米国の株価指数)
・DAX(ドイツの株価指数)
・FTSE100(イギリスの株価指数)

日本で最も有名な株価指数の一つである、日経平均株価が取引対象に入っています。しかし、日経平均株価そのものを取引することはできません。そこで、CFDで取引します。

くりっく株365は、CFDを取り扱う公的な性質を持つ取引市場です。ここで、日経225を題材にして、ETFでなくCFDが取引対象になる理由を考察します。

日経平均ETFと日経平均CFD(日経225証拠金取引)

ETFとCFDの違いを、簡潔にまとめてみます。

ETF:
ETFとは、証券取引所に上場している投資信託です。ETFを買えば、代金を支払ってETFを手に入れます。そして、売却したらETFを手放して代金を受け取ります。その差額が損益となります。
CFD:
取引開始時と終了時の価格差を決済する仕組みです。例えば、あるETFを1,000円で買って1,100円で売るとき、1,000円や1,100円の資金移動はありません。差額の100円だけ移動させます。すなわち、ETFそのものを取引することはなく、取引の結果生じた損益について、口座残高を調整します。

CFDが少々分かりづらいかもしれません。外国通貨を売買するFXも、CFDの一種です。株式そのものを買うわけではないので、自己資金の何倍もの量を買うことができます。決済した後に差額をやり取りすることができればOKです。

取引可能時間で比較

トラリピは価格変動を狙って取引する方法です。イメージ図は以下の通りです。

repeat-ifdone

株価が上下動すればするほど、取引回数が多くなります。すなわち、取引可能時間が長ければ長いほど有利なトレード方法だということになります。

ここで、東証(東京証券取引所)とくりっく株365の取引可能時間(立会時間)を比較しましょう。

東証:
午前9時~午前11時30分、午後12時30分~午後3時(1日あたり5時間)
国民の祝日は休場のため、取引不可
くりっく株365:
米ニューヨーク州が標準時間のとき:午前8時30分~翌日午前6時(21時間30分)
米ニューヨーク州が夏時間のとき: 午前8時30分~翌日午前5時(20時間30分)
土日以外なら、国民の祝日でも取引可能

取引可能時間が圧倒的に違います。くりっく株365の方が長いです。すなわち、それだけ価格変動する時間も長いということになり、売買チャンスも大きくなるということです。

取引可能金額で比較

次に、取引可能金額で比較しましょう。

200万円のETFを買いたい場合: 200万円準備する必要あり。
くりっく株365で200万円のCFDを買いたい場合: 6万円~8万円くらい。

くりっく株365では、200万円のCFDを買うのに必要な資金(=証拠金)は、取引額の3%~4%くらいです。必要な金額(証拠金額)はくりっく株365が公表します。

トラリピでは安全を重視して、この公表額に1万円を加えた額または5万円のうちで多いほうを最低必要額にしています。

自己資金よりも大きな取引ができることをレバレッジを利かせるといいます。この取引ができる理由ですが、CFDは投資対象そのものを売買する取引でなく、売買の開始と終了時の差額を決済する取引だからです。

なお、200万円のCFDを買うために200万円を準備しても構いません。安全を重視するならば、自己資金を多く準備しましょう。

まとめ

以上、取引可能時間と必要な資金で比較しました。日経平均ETFよりも、くりっく株365の方がトラリピにとって有利だと分かります。このため、トラリピはくりっく株365で取引できるのでしょう。

 

トラリピをざっくり理解しよう!
トラリピのトレード手法
その他
→ トラリピのトップページに戻る