株式投資の基本は「買って、長期間持つ(バイ&ホールド)」正確には「安く買って高く売る」でしょう。ETFも株式投資のカテゴリーに含まれることが多いでしょうから、投資の基本形は同じです。

デイトレードで短い時間で売買を繰り返す方法もあるでしょうが、多数の人が実行しているとは言えないでしょう。

しかし、この「バイ&ホールド」の長期投資戦略は、精神的に難しい場面があるかもしれません。

「バイ&ホールド」している銘柄の価格推移

下のチャート図は、「バイ&ホールド」している銘柄の価格推移だと仮定しましょう。結果的に上昇していますから、この投資は成功です。

triauto-buy-hold

しかし、よく見ると、途中で価格が下がっている場面があります。長期投資をすると、相場が下落することは日常茶飯事でしょう。そして、上の図のような価格推移をする場合であっても、株式保有者はかなり不安になるかもしれません。

なぜなら、価格は買い値よりも上で推移していますが、それは「含み益」だからです。

相場はどのように動くのか分かりません。来週の今頃は暴落している可能性もゼロではありません。すると、含み益だったはずなのに、気づいたら含み損になっている可能性もあります。

このため、「バイ&ホールド」のトレード手法は実は難しい方法なのかもしれません。

下のチャート図は、株価が赤線のようになったらどうしよう・・・という絵です。実際のところ、このような値動きになっても全く不思議ではありません。長期間待った末にこの結末では面白くありません。

株式投資で損したお金は、働くことで補てんできます。しかし、待った時間はもう帰ってきません。そこで、何かもう一工夫欲しいということになります。

triauto-buy-hold-2

トライオートETFで「バイ&ホールド」のトレード手法を補強する

下のキャプチャは、トライオートETFの「追尾仕掛け」のイメージ図です(トライオートETFホームページからの引用です)。

相場は上昇傾向を示しており、上の図と同じです。そして、買いの戦略だというのも同じです。違うのは、「細かく買って細かく売っているか(決済しているか)」という点です。

triauto-tsuibi

相場が長期の上昇トレンドにある場合

一直線に相場が上昇してくれれば良いのですが、多くの場合は上昇したり下落したりします。ある価格から下落して再び元に戻る・・・その過程をただじっと待つのは面白くありません。その値動きで積極的に利食いを狙うというというのが、追尾仕掛けの取引パターンです。

また、買ったのちに価格が上昇したら売り、再び下落した時点で買いますから、購入価格の平均値(平均建値)は変わりません。平均建値は変わらないのに、資金は増加しています。これは大きなメリットでしょう。

なお、相場が上昇していけば、それにつれて売買ゾーンも上昇する設計です。この場合は平均建値も上昇します。しかし、それを補って余りある利食い額がある、というわけです。

さらに、このトライオートETFの追尾仕掛けの場合、「含み益」ではなく「確定益」です(株価が上昇していけば、含み益もあります)。利食いが完了した分のお金については、相場が下落しても減ることがありません(含み損は増えますが)。

株価が下落に転じて含み損がある場合

では、株価が下落に転じて含み損がある場合はどうしましょうか。主に2つの対応があるでしょう。

(1)損切りして取引を終了する

損したら損切りする・・・これはトレードで基本的なことだと言われますが、実行は難しいです。適切な損切りをいつも実行できるならば良いですが、それは大変なことです。

(2)我慢して保有し続ける

長期投資の場合、そもそも損切りを想定しない場合もあるでしょう。なぜなら、長期投資だからです。少々の含み損で損切りするのはとんでもない、大きく含み損になってしまったら、仕方ないから塩漬けにして配当金をもらおうかな、という具合です。

トライオートETFの追尾仕掛けの場合、上の(1)でも(2)でも対応可能です。

(2)の場合、追尾仕掛けの威力が発揮されます。それは、「含み損ゾーンで価格が推移している間も、小さな利食いを繰り返す」ということです。その結果、「含み損が大きいのに、確定益と合計してみるとプラス圏だ」という状態に持っていくことも可能でしょう。

時が過ぎて再び株価が大きく上昇すれば、含み益に転じるとともに利食いした額も大きくなると期待できます。

とはいえ、含み損はないほうが望ましいですから、じっくりと検討してから投資を始めましょう。

【公式ページ】トライオートETF
インヴァスト証券「トライオートETF」

 

トライオートETFの基本
もう少し詳しく確認しよう
資金管理
さあ、実践だ!
比較してみよう