トライオートETFの運用が成功したとしましょう。すると、証拠金(口座入金額)が増えます。この資金をどのように使いましょう?

選択肢1:パーッと使う

トレードや投資で資金を獲得するのは簡単ではありません。それを実現したのですから、自分にご褒美というのはとても良いことだと思います。ただし、使ってしまったらなくなるのがお金です。

投資の目的が「パーッと使いたいから」だったら問題ありませんが、「老後資金にしたいから」「もしもの場合の資金にしたいから」といった場合には、投資で得たお金を使ってしまうのは良くないでしょう。

そこで、貯金をしても良いのですが、利息はあまりつきません。

というわけで、別の方法を検討してみましょう。例えば、「獲得した資金をトレードに再投入する!」です。トレードで得た資金を使ってさらにトレードして、そこからも資金を獲得して・・・という、複利運用のような方法です。

選択肢2:AP注文を一つ追加する

獲得した資金を使ってさらに運用する方法として、「AP注文を1本追加する」という例があります。例えば、仕掛け注文などで以下のようなトレードをしているとします。

横線の一つ一つはAP注文を示します。そして、曲線はETF価格の推移です。

triauto-compound-1

ETFの価格がAP注文の中で上下動していますので、どんどん利食いできているという状態です。この中に、AP注文を1本追加します。下の図のようなイメージです。

triauto-compound-2

トライオートETFの仕掛け注文は複数のAP注文を一気に作れるのが強みですが、このようにAP注文を一つずつ作ることもできます。獲得した資金の量によっては、AP注文を2つ3つと追加することも可能でしょう。

こうすると、利食い頻度を高めることができます。

選択肢3:トライオートETFのマニュアル注文で、「バイ&ホールド」

もう一つの方法として、投資の基本に戻るという方法もあります。すなわち、「買って持ち続ける(バイ&ホールド)」です。このトレード方法を用いる場合は、トライオートETFで投資できる銘柄を買っても良いでしょう。

トライオートETFでは、為替リスクを可能な限り排除した形で海外ETFに投資できます。

あるいは、資金を別口座に移して株式などを買っても良いでしょう。また、インヴァスト証券はFXで有名な企業ですから、FXで「バイ&ホールド」を実行しても良いかもしれません。スワップポイント(利息のようなもの)を毎日受け取ることが可能です。

このように、投資で得た資金をどれに再投入しようかな?と考えるのも投資の楽しみの一つです。

【公式ページ】トライオートETF
インヴァスト証券「トライオートETF」

 

トライオートETFの基本
もう少し詳しく確認しよう
資金管理
さあ、実践だ!
比較してみよう